昔の記録など

1月30日(木)-23.4pips

1月30日(木)-23.4pips

ポンド円

-23.4pips

今日はまたポジポジしてしまった。

ロング取り損ねた悔しさからだけど、せっかく昨日良いトレードができて流れが良かったのに、本当に情けない。

目線は合っていてもジャストで入れなければ意味ない。

そして、トレーニングにならないので、損切り幅は絶対に変更しない。

エントリーポイント

朝から、フェイントが多く全く入れず。

売りたいんだけど、ローソク足の買いの強さが気になってトレードできずにいたけど、朝からロンドンまでは売りだった。

ただ、ここはそんなに悔しくはなく、自分の技術じゃトレードできなかったな、と反省しただけ。後々見れば昨日と流れ的には似ていたかな、とか。

そして狙いはロンドンからのロング。ローソク足の売り圧だとやっぱりこのまま下落していくとは考えにくいし、サポートラインも強力だし、これはちょっと狙っていこう!と落ちてくるのをグッと待つ。

が、やっぱり入りが早すぎた。それでも上がるだろうとまたポジを取り2つ損切り。

最後はジャストで入れたのに、途中でポジを切ってしまうという大失態・・・。

反省

まずはやっぱり最初のエントリーを後1,2歩待てなかった事。そして損切りしたマイナスがあるから、良いとこで握れたポジの握力が一気に弱くなってしまったこと。そして、その後もう一度ロングしたくて落ちてくるのを待ってたんだけど、そのまま指標で行かれて悔しさからリバ狙いでポジってしまったこと。今日のトレードは本当に反省だらけ。損切り幅を広く取っていたらしっかりプラスで終わったかもしれないけど、今はそれをやる意味はない。むしろもっと損切り幅を狭くしても抜いていけるような技術を身につける事を目標にしているのだから、損切りになったってことはエントリーポイントが悪かったってこと。負けた後のメンタルもまだまだ。ただただ技術がなかっただけなのに、自分の目線は合っていたというプライドみたいなのが邪魔して素直に負けを認められなかった。それがラストの無駄ポジにつながった。

負けを認められないプライドを捨てること。目線が合っていたのに取れなかったってことは技術がなかったということ。むしろ恥ずかしい事だと思わなければ、いつまで経っても上手くはならない。

最後のロングポジを切った理由として、やっぱりローソク足の動きが読めていなかった点がある。いや、陽線は生きていたのに、波の方を信じてしまい一旦戻る前にと思って切ってしまった。ほんとにブレブレの日。

しかも、夜の時間は色々と忙しいし、なるべく旦那が帰ってきてからはFXしないようにと朝~夕方までにポジ取るようにしていたのに、最後ポジってしまった。

もう少し持っていたら今日はプラマイ0か少しプラスに出来ていたと思うが、それも何か違うと思い、切った。

何かまだ真剣さというか本気で勉強する覚悟が足りていない気がする。

今年に入って、本気で勉強し始めてから、ずっとツイッターをやめよう、やめようと思ってた。正直、自分の技術を伸ばす上でツイッターは役に立つものではないから。

でも、やっぱり楽しいし、ストレス発散にもなるからやめれずにいたけど、ここは覚悟を決めてツイッターやめてみる!楽しい反面、詐欺っぽいのとか悪口とか見るのもやだしね。

Twitterはしっかり勝てるようになってから浮上する!