昔の記録など

1月22日(水)-∞pips 大反省記事

1月22日(水)-∞pips

ポンド円

昨日は実力不足過ぎる当然のゼロカ×2。

今月-2371円になった。

今は500円の入出金を繰り返すスタイル。

まだトレードのやり方を変えて何もつかめていない状態なので、500円が妥当。

特に昨日、一昨日みたいに熱くなってしまう時があるのでまだまだ万は入金できない。

入金時、出金時に少し冷静さも取り戻すのでまだこのスタイルを継続しようと思う。

 

 

昨日の細かい反省はチャート見ながらしたので、このブログでは一旦仕切りなおすために殴り書きになるけど、今思っている事を書いてく。

ほんと、一旦仕切りなおし!

私はこれまでもFXで大失敗したときは旦那に話を聞いてもらう事にしてる。普段はFXに反対してる旦那も私があまりに落ち込んでるとさすがに良い言葉を投げかけてくるので。

昨日はプロとアマチュアについて話していた。

普段からストイックな旦那は「圧倒的に触れてる時間が足りないでしょ」と。ほんとこの一言に尽きる。

私が今参考にさせてもらっていて勝手に先生と呼ばせてもらっているお方と自分のFXに触れている時間を比べたら、20年、下手したら30年以上差がある。

もちろんこの差はちょっとやそっとの努力じゃ埋まらないし、同じ年月をかけても私に先生のようなセンスがなければそこまで。この事実をもっともっと頭にいれて今何をすべきか勉強方法をもっと工夫すべき。

私はFX2年目にして去年は微益トレーダーだった。コツコツドカンで微益終了。それが嫌でデモトレコンテストの時はハイレバでドカンコツコツにしたけど、やっぱり微益終了。

勝てば良いって人もいるけど、やっぱりそうじゃない。

例えばカラオケで95点、100点を出したってプロの歌手の足元にも及ばない。見ているもの、やっている事が明らかに違う。私のトレード内容も同じで月の収支はプラスにできていても中身はスカスカだった。これじゃあいつドボンしてもおかしくないし、資金も少額しか出せないからFXで稼ぐなんて夢のまた夢。

そうやって試行錯誤している中で先生のnoteを発見した。見れば見るほどプロ中のプロのトレードで衝撃だった。

昔、歌を勉強している時期があって、やたら「イメージ」で教えてくる先生とかいたけど、全然上達しなくて、体や喉の構造や筋肉の勉強をしたらみるみる上達した。そしてトレーニングで筋力がついてくると最初に教わった「イメージ」がやっと理解できた。

今回もそんな感じ。FXでいうと多分この筋肉にあたる部分がローソク足。誰かが作ったインジとは違いAIであろうが人の手によってだろうが売買の真実を表しているものだから。だからローソク足の動きから売買の強弱を読み取るトレーニングが必要で、それには死ぬほどチャートに触れていなくてはいけないのだけど、今は自分にそれができるようになるとは思えない。しんどい。わからない。全然違って落ち込む。でも、絶対やめない!今は分からなくて当然だから。

でも、これまでのやり方じゃやみくも過ぎて今回みたいな超へたくそトレードしてしまう。今は訓練時期だから、独自のルール作りがもっと必要。

常にルールを見直して強制的に悪いクセを取り除いていくこと。

反省

朝の時点で引いてたライン。なんでここまで待ってからローソク足の動きをみなかったのか。待つ、我慢する、エントリーを慎重にするために1日1回しかエントリーできない強制ルールを付け加えようか考え中。

昨日の気づきはこの細かい波。ちょっと独特で気になったのでメモ。この後はほぼテクニカル通りの上昇トレンドになった。

昨日、今日とお友達が遊びにきてくれていたので、あまりじっくり時間が取れなかったけど、できる限りでチャートはチェック。普段の日も子育てと家事、やることはやる(たまに手抜きはするけれど・・・)、でも空いた時間はチャートを見る。

本気で勉強をするって決意してからは、以前よりも生活にメリハリが出てきた。

FXに反対だった旦那も少し好意的な目で見てくれてる気がする。

どこまでできるかは分からないけど、周りを気にせず流されず自分なりのペースで努力を続けていこうと思う。